FLEXSCHE製品のご紹介

FLEXSCHEバージョン20

FLEXSCHEバージョン20.0を2021年5月14日にリリースしました。215項目にもおよぶ機能拡張が施されています。そのうちの主だったものをご紹介します。(バージョン19.0とバージョン20.0の差分)

FLEXSCHE DataTuner

新しいWeb画面

スケジューリング/モデリング

作業主導ディスパッチングメソッド

作業分割メソッド

作業実績

特殊なキー

作業場計画

ユーザーインターフェース

ジョブビューワー

複数プロジェクトのマージ表示

各所に[レコードによる全検索]を追加

スプラッシュウィンドウのリニューアル

スケジューリングパネルのフォルダ

オーダーガントチャート

作業分割・結合

FLEXSCHE EDIF

EDIF構成ツール

計算式による柔軟性の拡張

FLEXSCHE WebViewer

計算式

計算式実行の並列化

計算式の編集

計算式でスクリプトレットを実行

追加した関数の一覧

計算式で使える関数がさらに増えて、できることが一層広がりました。

バージョン19で追加した関数

基本型
Timeクラス Time.FromYMDHMS
Variantクラス Variant.FromJSON
<Variant>.ToJSON
コンテナ型
Mapクラス <Map>.Set_
<Map>.Remove_
<Map>.Update_
<Map>.ToJSON
<Map>.ForEach
Listクラス <List>.IsMutable
<List>.Duplicate
<List>.Set_
<List>.Remove_
<List>.Append_
<List>.Insert_
<List>.ToJSON
オブジェクト型
CTTクラス <CTT>.PrecedingStrings
<CTT>.PrecedingRange
<CTT>.FollowingStrings
<CTT>.FollowingRange
Recordクラス <Record>.MakeList
Intentoryクラス <Inventory>.Destination
Itemクラス <Item>.Subdivision
Operationクラス <Operation>LookupCTT
Orderクラス <Order>.EffectiveItemRec
Procクラス <Proc>.SubstituteCandidates
Resourceクラス <Resource>.Skills
<Resource>.AssignedTasks
ResultSubdivisionクラス <ResultSubdivision>.OperationCode
<ResultSubdivision>.TaskPart
<ResultSubdivision>.TaskKey
<ResultSubdivision>.Resource
<ResultSubdivision>.ResourceQty
<ResultSubdivision>.StartTime
<ResultSubdivision>.EndTime
Shapeクラス <Shape>.CountOfAreaConstraints
<Shape>.AreaConstraint
AfterTestクラス <AfterTest>.CheckResourceOccupation
<AfterTest>.WorkingVolumeInPeriod
その他
Selectorsクラス <Selectors>.IsEmpty
<Selectors>.Has
<Selectors>.HasOrEmpty
<Selectors>.H
<Selectors>.NH
<Selectors>.E
<Selectors>.NE
<Selectors>.HE
<Selectors>.NHE
<Selectors>.Order
DataCubeクラス <DataCube>.ReadOnly
Mathクラス Math.GCD

開発者向け

その他

FLEXSCHE製品のご紹介

PAGETOP